トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 審美歯科・ホワイトニング

審美歯科ってなんだろう?

審美歯科

「歯のくすみが気になる」「奥歯の銀歯が気になって思いっきり笑えない」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

こうした口元の悩みを解決してくれる治療が、審美歯科治療です。審美歯科とは、歯の白さや歯並びに焦点をあてた、口元を美しくするための治療です。当院が考える審美歯科治療とは、審美面(歯の美しさ)と機能面(正しい噛み合せ)の両方を考慮した治療です。

審美歯科の治療内容には、歯を白くするホワイトニングと人工歯を入れる治療があります。また、人工歯にはさまざまな種類があり、患者さんの歯の状態やご要望などをお伺いしながら、患者さんのお顔立ちやお肌の色にマッチした最適な素材をお選びいたします。

このページでは、当院の審美歯科治療についてご紹介いたします。

保険治療と自費治療の違いについて

保険治療と自費治療の違いについて一般的に、歯の治療は保険診療で行います。しかし、扱える材料や治療できる範囲には限りがあり、治療の完成度に影響を与えてしまいます。その結果、噛み合せが微妙に合わなくなったり、歯と被せ物の間に隙間ができて虫歯が再発しやすくなったりします。

その点、自費治療は扱える材料や治療範囲にほとんど制約がありません。精度の高い治療ができ、噛み合せの微妙なズレや、歯と被せ物の隙間を極限まで抑えることが可能になります。

当院では、保険診療・自由診療を問わず、さまざまな素材の被せ物を取り揃えております。その中から、患者さんのお好みやご予算に合わせた、最適な素材をご提案いたします。

詰め物や被せ物が目立たない白い歯に

オールセラミックオールセラミック
自然な色を表現しやすく審美性に優れている素材で、前歯の治療に多く使われています。全てがセラミック(陶器)で作られていますので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心してご使用いただけます。
※歯ぎしりが目立つ方や噛み合せが不自然な方には適さない場合がございますので、まずはご相談ください。

ハイブリットセラミックスハイブリットセラミックス
自然な色を表現しやすい素材といえます。セラミックにプラスチックを混ぜているため、オールセラミックに比べますと、経年による若干の変色が見られる場合があります。金属アレルギーの方でも問題なくご使用いただけます。
※歯ぎしりが目立つ方や噛み合せが不自然な方には適さない場合がございますので、まずはご相談ください。

メタルボンドセラミックメタルボンドセラミック
自然な色を表現しやすく審美性に優れている素材で、前歯の治療に多く使われています。内側が金属を使用し、表面がセラミック(陶器)で作られています。表面を美しく、咬む面を金属で作ることも可能であり、機能的な面も有しています。※歯ぎしりが強い方には適さない場合がございます。

硬質レジン前装冠硬質レジン前装冠
保険治療が可能であり、装着直後はかなり自然です。しかし、経年変化に弱く、変色してしまいます。

コンポジットレジンコンポジットレジン
かつての虫歯治療で歯を削った後に充填する"詰め物"は、銀歯などの金属や、高価なセラミックや金合金に限られていました。しかし、最近では、白いセラミックとプラスチックを混合した新しい素材が開発され、リーズナブルかつスピーディーに白い歯を手に入れることができるようになっています。その素材がコンポジットレジンです。

ラミネートベニアラミネートベニア
ラミネートベニア歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。女性の皆さんには、ネイルチップ(付け爪)のようなものとイメージしていただくとわかりやすいでしょう。歯と歯の隙間を目立たなくすることもできますので、「すきっ歯」の治療にも利用されます。

歯のくすみや変色を改善させるホワイトニング

ホワイトニングホワイトニングは、歯の表面に特殊な薬剤を塗り、光と熱を照射して白くしていく治療です。

基本的な歯の色は白ですが、その色合いは、人により微妙に異なります。歯のくすみや変色の原因はさまざまですが、色素の濃い飲食物の着色や薬物の影響、歯の表面にできた傷などが影響します。これらは、歯の表面が変色しているため、いくら歯磨きをしても取り除くことはできません。こうした歯の変色は、「ホワイトニング」を行うことで、白くすることができます。

ホワイトニングでは、薬液で白くしていきますので、見違えるような白さを取り戻すことができます。治療方法には3種類あり、歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」、ご家庭でできる「ホームホワイトニング」、この2つを併用したデュアルホワイトニングです。患者さんのご都合やご予算などに応じ、最適な方法をお選びいただけます。

さまざまな歯の黄ばみや変色の原因

さまざまな歯の黄ばみや変色の原因加齢による黄ばみ
年齢を重ねるとともに、徐々に歯の色調が濃くなります。歯の表面を覆っているエナメル質が摩耗してくると、その下の層にある象牙質が露出してきます。そのため、黄褐色が強くなってしまいます。

生活習慣による黄ばみ
コーヒー・お茶・カレー・醤油・タバコなど、色素の濃い飲食物を長年摂取していますと、歯は次第に変色していきます。表面の汚れは歯のクリーニングで落とせますが、歯の内側に染み込んだ着色は取り除くことができません。

遺伝による黄ばみ
髪の毛やお肌の色は人によって異なります。それと同じように歯の色も遺伝的に黄色っぽい方がいらっしゃいます。

【ホームホワイトニング】自宅にいながら歯を白くする

ホームホワイトニング家庭で行うホワイトニングで、比較的濃度の低いジェル(薬剤)を徐々に浸透させながら、歯を白くしていきます。患者さんの歯並びに合わせたマウスピース型のトレーを作成し、その中に漂白作用のあるジェルを入れ、お口の中に装着します。1日数時間の使用で、2週間程度続けますと、歯の色が徐々に変化していき、お好みの白さに調整することができます。

関連ページリンク

■当院が選ばれる理由
小児歯科矯正歯科子どもの矯正(咬合誘導)症例一般歯科(虫歯治療)
審美歯科・ホワイトニング歯周病治療入れ歯予防歯科
妊産婦歯科検診料金表よくあるご質問医療費控除について

■院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行います

※患者様の条件によって状態は様々です。具体的な診査、診断する際にはには費用がかかります。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 審美歯科・ホワイトニング


コールバック予約