トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療

【歯周病とは?】早期発見・早期治療が大切です

歯周病

厚生労働省の調査によりますと、「日本人の成人、約8割が歯周病に感染している」という報告があります。これによると、40才以上の5人の内、4人までが歯周病に感染しています。もはや歯周病は国民病とまでいわれています。

歯周病は、初期症状がほとんどありません。静かに進行していくため、歯ぐきの腫れや出血などの症状が現れた頃にはかなり進行しています。細菌により歯周組織が破壊され、手遅れとなってしまうケースも少なくありません。そうなる前に早期発見・早期治療を受け、大切な歯を歯周病から守りましょう。

歯周病の原因は細菌です。歯に付着した汚れはプラーク(歯垢の塊)となり、やがて石灰化して歯石に変わります。次第に歯の表面から歯と歯茎の間の隙間にも歯石が溜まり始め、やがて溝が深くなっていきます。この溝が歯周ポケットです。

この時、歯周病菌に感染しますと、歯肉が炎症を起こします。この状態が歯肉炎です。さらに、炎症が歯周ポケットの奥深くまで広がりますと、歯根膜や歯槽骨が徐々に溶かされ、歯を支えきれなくなってしまいます。

つまり、歯周病は、治療せずに放置しておくと、最終的に歯を失ってしまう恐ろしい病気です。

【当院の特徴】全ての治療は、歯周病を治してからがスタートです

全ての治療は、歯周病を治してからがスタートです当院では初診時に必ず歯周病検査を行ない、歯肉の状態を改善してから必要な治療を行っております。

万一、歯周病を併発している虫歯がありましたら、歯肉を改善してから人工歯(詰め物・被せ物)を入れます。

仮に、歯周病治療をせずに人工歯を入れたとします。虫歯は治っても歯周病自体は完治していません。進行すれば、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。そこで、治療前に歯石除去を行い、歯石や汚れを取り除き、歯ぐきを引き締めます。さらに、歯周ポケットの深さが規定値以下に戻らなければ、人工歯を入れることをおすすめいたしません。

なお、歯周病を併発している虫歯の場合、症状によっては応急処置を行いますが、人工歯を入れるのは、歯肉を改善させた後で行ないます。

最近の研究では、歯周病は、心臓病や糖尿病など全身疾患とも深い関係があることが明らかになってきました。歯周病菌が口から血管に入り、全身に広がることで、糖尿病や心疾患、肺炎、さらには早産とも関連があるといわれています。全身の健康のためにも、歯周病を放置せずしっかり治しましょう。

歯周病の進行具合と治療方法について

歯周病の進行具合と治療方法軽度歯周病
歯と歯肉の間にプラーク(歯垢)や歯石が溜まり細菌が繁殖し、歯肉に炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られる状態です。この段階であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や1~2回のクリーニングなどを行なうことで、比較的短期間で回復できます。

歯周病の進行具合と治療方法中等度歯周病
口臭や出血がひどく、歯石の付着も目立つ状態です。徐々に骨が後退し始め、歯周ポケットも深くなり、歯もグラつき始めます。

この段階では、歯の表面に沿って歯周ポケットの奥まで付着した歯石を取る治療が必要です。痛みを感じる時は麻酔をして施術します。数回に分けて除石を行い、歯肉の状態が改善された後に再検査を行ないます。歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合は、通常の器具では処置(非外科処置)が難しいため、歯周外科の適応になる場合があります。

歯周病の進行具合と治療方法重度歯周病
歯肉が化膿して真っ赤に腫れ、骨もかなり破壊されて後退し、歯の揺れも大きくなった状態です。重度の場合、つまり非外科処置が難しい場合は、歯周外科で対応いたします。それでも保存が不可能なときは、残念ながら抜歯となります。

【スケーリング(歯石除去)】歯肉炎のうちに治療

スケーリング歯石は、歯面に付着した歯垢(プラーク)が石灰化したもので、その表面はざらざらしていてプラークが更に付着しやすい構造になっています。スケーリングは、この歯石を取り除き、患者さん自身がプラークを取り除きやすくすることも目的としています。

スケーリングとは、歯根の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。これにより、プラークが付きにくくなり、歯周病を改善します。

なお、歯石を除去しても、しばらくすると再形成されますので、定期的なスケーリングをおすすめいたします。


スケーリング
歯石は、歯面に付着したプラークが石灰化したもので、その表面はざらざらしていてプラークがさらに付着しやすい構造になっています。スケーリングは、この歯石を取り除き、患者さん自身が歯垢(プラーク)を取り除きやすくすることも目的としています。

スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯肉の上や歯肉の下の歯面からプラーク、付着物、および歯石を除去することをいいます。

ルートプレーニング(SRP)
スケーリングは、歯に付着したプラーク、歯石、その他の沈着物を機械的に除去することですが、ルートプレーニングはそれに加えて歯周ポケットに面する根表面の粗造で、代謝産物を含む病的なセメント質を除去して滑沢な歯面にする治療です。

具体的な治療方法ですが、まず、歯肉に若干の麻酔をします。ただ、歯肉の付近の歯石を除去するだけでは麻酔は必要ありませんが、歯周ポケットの深い部分の歯石や病的なセメント質やその周りに付いている細菌(バイオフィルム)などの汚染物質を除去するためには、麻酔をしないと取れませんので、麻酔をしてから行います。

ルートプレーニングにより、歯の表面が滑らかになることで歯根部に歯石が付きにくくなり、歯周病や虫歯予防になります。

関連ページリンク

■当院が選ばれる理由
小児歯科矯正歯科子どもの矯正(咬合誘導)症例一般歯科(虫歯治療)
審美歯科・ホワイトニング歯周病治療入れ歯予防歯科
妊産婦歯科検診料金表よくあるご質問医療費控除について

■院長あいさつ・経歴
院内ツアースタッフ紹介アクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行います

※患者様の条件によって状態は様々です。具体的な診査、診断する際にはには費用がかかります。

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療


コールバック予約