トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 小児歯科 » その子の個性を尊重して、会話を大切にした小児歯科

その子の個性を尊重して、会話を大切にした小児歯科

小児歯科

お子様にとって、「歯医者さん=怖い」というイメージがあるようで、診察室に入って来ると、今にも泣き出しそうな顔をしていることがあります。お口の中を見るだけなら、痛くも怖くもないのですが、お子様はそれを理解するまでに時間がかかります。

当院は、楽しく笑って治療ができる、怖くない歯医者さんを目指しております。お子様との会話を大切にし、その子の個性を尊重した治療を行っております。

お子様の治療には、大人では想像もつかないような危険が伴うことがあります。たとえば、急に器械の音にびっくりして暴れ出したり、きちんと説明しなかったために話かけても口を固く結んでしまったり。こうしたことは、お子さんときちんと会話をすることで、防ぐことができます。

私たちは、お子様に接するときは、決して嘘はつきません。ただし、直接的な表現で必要以上に怖がらせないようにはします。嘘はつきませんが、「注射をするからね!」と言って、注射をすれば、どんなお子さんも怖がってしまいます。
 お子様に安心して治療を受けてもらえるように、治療で使われる器具を分かり易く説明し、手に触れてもらいながら「恐いところじゃない」ということを知っていただきます。治療器具は医院の雰囲気に慣れてもらったのを確認してから、当院では治療を始めるようにしています。
 そして、治療が終わったときは、「最後までよく頑張ったね」と、治療ができたことをしっかりほめてあげます。

こうした会話は、お子さんの不安を取り除くだけでなく、トラブルのない安全な治療につながります。コミュニケーションを大切にしながら治療を進めていきますので、安心してお子さんをお任せください。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 小児歯科 » その子の個性を尊重して、会話を大切にした小児歯科


コールバック予約