トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 子どもの矯正(咬合誘導) » 子どもの矯正の流れを教えてください

子どもの矯正の流れを教えてください

子どもの矯正の流れ子どもの矯正治療は大人の矯正治療とは違い、必ずしも最初からワイヤー装置を付けるわけではありません。お子さんの成長に合わせながら、2つのステップに分けて治療を行います。

ステップ1 第1期治療
成長とともに状態を悪化させる要因を取り除き、その後の成長発育ができるだけ正常に近づくよう、軌道修正するために治療を行います。この段階の治療がうまくいきますと、第2期治療が不要になるケースも出てきます。また、第2期治療に移行した時、永久歯を抜かずに済む可能性がグッと高まります。

ステップ2 第2期治療
完全な咬合に仕上げることを目的とし、大人の治療と同じく、歯にブラケットを装着した治療を行います。
※初診時に永久歯が生え揃っている方は、第3期治療からとなります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 子どもの矯正(咬合誘導) » 子どもの矯正の流れを教えてください


コールバック予約