トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする

できるだけ痛くない治療

「虫歯ができても、治療中の痛みや麻酔注射がイヤで歯医者さんに行きたくない」
このように思われる方はいらっしゃいませんか?

治療を受けずにそのままにしておきますと、虫歯がひどくなり痛みが増すばかりです。でも、ご安心ください。当院の治療は「できるだけ痛くない治療」です。治療中の痛みを和らげるためにさまざまな工夫を行っておりますので、痛みに対するご不安をお持ちの方でも、怖がらずに治療を受けていただけます。

注射前の表面麻酔でチクっとした痛みを抑える
歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけてから治療いたします。ところが、痛みを抑えるための麻酔注射であるにも関わらず、チクっとした痛みや不快感が伴い、麻酔そのものを嫌がる方も少なくありません。

当院では、麻酔時の痛みを軽減するために表面麻酔を施してから麻酔注射をいたします。表面麻酔とは、皮膚や粘膜の感覚を麻痺させるために行う麻酔法です。ジェル状の麻酔薬を幹部に塗布しますと、針を刺した時のチクっとした痛みを軽減することができます。

ウォーマーで温めた麻酔液で注入時の不快感をなくす
ウォーマー痛みの少ない麻酔注射には、麻酔液の温度も重要です。薬が冷たかったり、熱すぎたりしますと、注入した時に痛みや不快感が伴います。

当院では、ウォーマーで温めた麻酔液を使用しております。最も理想的な温度は体温に近い温かさです。ウォーマーで34~35℃の一定の温度に温めますので、薬を注入した時の痛みや不快感がほとんどございません。

鼻から吸引する笑気麻酔
笑気麻酔笑気麻酔は、笑気吸入装置であり、30%以下の低濃度笑気と70%以上の酸素を混合し、専用の鼻マスクを用いて患者さんにお鼻から吸引していただきます。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科(虫歯治療) » できるだけ痛くない治療で患者さんの負担を軽くする


コールバック予約