トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 【スケーリング(歯石除去)】歯肉炎のうちに治療

【スケーリング(歯石除去)】歯肉炎のうちに治療

スケーリング歯石は、歯面に付着した歯垢(プラーク)が石灰化したもので、その表面はざらざらしていてプラークが更に付着しやすい構造になっています。スケーリングは、この歯石を取り除き、患者さん自身がプラークを取り除きやすくすることも目的としています。

スケーリングとは、歯根の表面の歯垢・歯石などを除去し、表面を滑らかにする治療方法です。これにより、プラークが付きにくくなり、歯周病を改善します。

なお、歯石を除去しても、しばらくすると再形成されますので、定期的なスケーリングをおすすめいたします。


スケーリング
歯石は、歯面に付着したプラークが石灰化したもので、その表面はざらざらしていてプラークがさらに付着しやすい構造になっています。スケーリングは、この歯石を取り除き、患者さん自身が歯垢(プラーク)を取り除きやすくすることも目的としています。

スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯肉の上や歯肉の下の歯面からプラーク、付着物、および歯石を除去することをいいます。

ルートプレーニング(SRP)
スケーリングは、歯に付着したプラーク、歯石、その他の沈着物を機械的に除去することですが、ルートプレーニングはそれに加えて歯周ポケットに面する根表面の粗造で、代謝産物を含む病的なセメント質を除去して滑沢な歯面にする治療です。

具体的な治療方法ですが、まず、歯肉に若干の麻酔をします。ただ、歯肉の付近の歯石を除去するだけでは麻酔は必要ありませんが、歯周ポケットの深い部分の歯石や病的なセメント質やその周りに付いている細菌(バイオフィルム)などの汚染物質を除去するためには、麻酔をしないと取れませんので、麻酔をしてから行います。

ルートプレーニングにより、歯の表面が滑らかになることで歯根部に歯石が付きにくくなり、歯周病や虫歯予防になります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 【スケーリング(歯石除去)】歯肉炎のうちに治療


コールバック予約