トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 【当院の特徴】全ての治療は、歯周病を治してからがスタートです

【当院の特徴】全ての治療は、歯周病を治してからがスタートです

全ての治療は、歯周病を治してからがスタートです当院では初診時に必ず歯周病検査を行ない、歯肉の状態を改善してから必要な治療を行っております。

万一、歯周病を併発している虫歯がありましたら、歯肉を改善してから人工歯(詰め物・被せ物)を入れます。

仮に、歯周病治療をせずに人工歯を入れたとします。虫歯は治っても歯周病自体は完治していません。進行すれば、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまいます。そこで、治療前に歯石除去を行い、歯石や汚れを取り除き、歯ぐきを引き締めます。さらに、歯周ポケットの深さが規定値以下に戻らなければ、人工歯を入れることをおすすめいたしません。

なお、歯周病を併発している虫歯の場合、症状によっては応急処置を行いますが、人工歯を入れるのは、歯肉を改善させた後で行ないます。

最近の研究では、歯周病は、心臓病や糖尿病など全身疾患とも深い関係があることが明らかになってきました。歯周病菌が口から血管に入り、全身に広がることで、糖尿病や心疾患、肺炎、さらには早産とも関連があるといわれています。全身の健康のためにも、歯周病を放置せずしっかり治しましょう。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 【当院の特徴】全ての治療は、歯周病を治してからがスタートです


コールバック予約