2009年4月 « トップへ » 2012年5月

2010年4月26日

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行し溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。

歯周病の原因はなによりも歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である歯垢(=細菌)をいかに減らしていくかが重要なポイントとなります。細菌を減らすためには、まずご自身が毎日ブラッシングを心がけることによって、今以上に細菌を増加させないことが大切です。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病を予防するためには、なによりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。

歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため、歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

歯周病は何歳位から起こるものですか?

歯周病は成人してから起こるものと思われておりますが、実は歯周病の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりうるものです。

また、歯周炎は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、発見が手遅れになることもしばしばございます。歯周病を予防するためには、毎日の歯磨きと歯科医院での定期検診が重要です。

歯周炎と歯肉炎は違うものですか?

歯周炎は炎症が歯の周辺の広範囲に及び、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨まで広がります。その症状には個人差がありますが、ケースによっては大半の歯槽骨を失うほどの重い症状となることもございます。

一方で、歯肉炎は炎症が歯肉のみに及んでいる症状であり、歯の周辺の歯槽骨は正常な状態にあります。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じものです。

これまで歯の周辺の歯肉が腫れ、膿が出るという症状から「歯槽膿漏」という名称が主に使用されていました。一方、最近は、歯肉だけでなく歯を支える歯槽骨をはじめ、歯の周辺の広範囲に様々な症状が表れるため、「歯周病」という名称が用いられるようになりました。

歯周病とは、どんな病気なのですか?

歯周病とは、「歯を支える骨が溶ける病気」です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根に沿って菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症が起きた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。

また、歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるようにほとんど自覚症状がないため、気づかない間に悪化させてしまうことがよくあります。

2010年4月21日

奥歯をセラミックにしても割れませんか?

セラミックは、天然の歯と同等か、それ以上の強度がありますので、問題はございません。被せ物や詰め物に使用が可能です。ここ最近では、お口を開けた時に見える金属を嫌い、奥歯にも審美的に綺麗な白い歯をお求めになる方が増えてきています。

歯と歯の隙間が気になるのですが......

いわゆる"すきっ歯"には、歯の表面を薄く削り、セラミックを接着し修復する「ラミネートベニア」という治療方法があります。歯を削る量も少量で済み、治療回数も2回程で歯と歯の隙間を治すことができます。

とはいえ、剥がれる可能性があったり、歯の大きさや向きを大幅に変更することはできません。

セラミックは変色しませんか?

セラミックとは陶材のことであり、ご存知のように食器などに使用されている素材です。当然、陶器と同じように水分の吸収がないため、変色せず、歯を白く保つことができます。また、セラミックの最大の特徴は、他の素材と比べ、天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できることです。

もし、治療後の歯を自然な色合いに仕上げたいとお考えでありましたら、セラミック治療をおすすめいたします。

銀歯を目立たなくする方法はありますか?

銀歯の詰め物を一度外し、白く透明感の高いセラミック製の素材につめ替えることにより、自然な色合いになります。

審美歯科治療に保険は適用されますか?

歯科診療は保険診療と自費診療の二種類ございますが、審美歯科治療は、使用する材質によっては保険の適用外になることがあります。しかし、保険が適用されるレジンや金属よりも、保険外ではありますが、セラミックの方が美しく耐久性があります。

真っ白な歯で笑顔に自信を持ちたいのですが、費用が心配です

歯を治療するにあたり、経済的負担を考慮することも大切な要素だと考えております。当院では、予算に応じて「ここは保険で」「ここは部分的な詰め物で」とプランニングし、最小限に抑えた費用をご提示いたします。

また、クレジットカードのお支払や、金額に応じて分割払いもご利用いただけます。詳しくはご相談下さい。

どのくらいの期間で治りますか?

治療する歯の本数、内容によって、かなり異なります。単純に被せるだけであれば、最短2回ですがホワイトニングや歯列矯正などが伴う内容の時は、綺麗に治すために回数がかかることもあります。当院では、診断後に期間や方法など、患者様とご相談しながらご希望になるべく添う形で進めていきます。

審美治療ってなんですか?

審美歯科とは、歯科的機能回復(よく噛める)だけではなく、美しさと自然な口元にも焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。審美治療(白い被せものやホワイトニング・歯並びの処置)を受けることによって、初めはうつむき加減だった患者さんが、見違えるように自信を持ち始めたケースもあります。

「口元にコンプレックスがある」「歯の色が気になる」などの悩みをお持ちになられている方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。


2009年4月 « トップへ » 2012年5月


コールバック予約